カートをみる

トップページ » 商品一覧 » 【国産】はとむぎ茶ティーパック

商品情報

おすすめ 能美産”はとむぎ”を100%使用

【国産】はとむぎ茶ティーパック

【国産】はとむぎ茶ティーパック 日本三名山のひとつとして有名な霊峰白山に源を発する手取川の扇状地で、清らかな水に育まれた能美産ハトムギを100%使用し、温かくしても冷たくしても、芳ばしい香りと豊かな風味をお楽しみ頂けます。

サイズ・内容量 : 1パック12g

材質・素材 : はと麦

商品単位 価格 在庫
1袋(20パック) 515円
1袋(100パック) 2,470円

※サイズ・価格を選択後に数量が選択可能となります。

サイズ・価格
数量

 実は私・・・麦茶が好きじゃないんです。と言うか嫌いです。
「健康になるよ」「体に良いよ」と言われようとも嫌いだから飲みたくない。
でも、職場で沸かすのははとむぎ茶・・・。これはどうしたものか。
仕方がない!ちょっとだけ飲んでみようとTRYしてみる。
最初の感想は正直「ん?」という感じ。でも、他の麦茶製品ほど独特な味がしなくてさっぱりすっきりした後味。これなら飲み続けられるかも。ありがちな展開・・・。
今では毎朝仕事始めに。お昼のお弁当のお供に。夕方仕事終わりにホッと一息。
毎日美味しく飲んでいます。

ここで”はとむぎ”の効果をご紹介!!

①利尿作用
 何か体がダルいと感じるあなた!
 体の中の余分な水分、体毒をきれいすっきり排出しちゃいましょう。

②便秘解消
 腸の調子が悪いあなた!
 体の中の汚いものを押し出して、ポッコリお腹とおさらばしましょう。

③美肌・ふきでものに
 肌荒れやニキビ、吹き出物が気になるお年頃のあなた!
 はとむぎ茶を飲んでカサカサ、ブツブツ、一生残るニキビ跡とは縁を切りましょう。
 ニキビ治しなんてものあなたの生活にもう必要ないはずです。

 この他にも、新陳代謝が良くなるのではとむぎ健康サイクルの完成です。
 はとむぎ茶を飲んで体の中から美しく健康になりましょう。

 豊かな能美の自然の中で、温かい農家さんたちに愛情込めて育てられ、すくすく成長したはとむぎ。収穫から1つ1つのパック詰めまですべて能美で行なわれています。能美の香りをいっぱい吸い込んだ純能美産のはとむぎ茶です。
ぜひ一度と言わずに、何度でも能美のはとむぎ茶を飲んで見てください。

○JA能美のはとむぎ茶

【国産】はとむぎ茶ティーパック 画像2

虫眼鏡 ※クリックすると画像が拡大されます。

○JA能美のはとむぎ茶

日本三名山のひとつとして有名な霊峰白山に源を発する手取川の扇状地で、清らかな水に育まれた能美産”はとむぎ”を100%使用し、芳ばしい香りと豊かな風味をお楽しみ頂けます。
(人工甘味料・着色料・防腐剤等の添加物は一切使用しておりません。)

○はとむぎ茶の美味しい煎れ方 ※写真は100パック入りです。

【国産】はとむぎ茶ティーパック 画像3

虫眼鏡 ※クリックすると画像が拡大されます。

○はとむぎ茶の美味しい煎れ方

1.1ℓの水に対し1パック(12g)使用します。

2.冷水から入れ沸騰させて下さい。

3.沸騰したら弱火で6分以上煎じて下さい。

4.そのままで、また冷やしても美味しく頂けます。

○はとむぎとは

【国産】はとむぎ茶ティーパック 画像4

虫眼鏡 ※クリックすると画像が拡大されます。

○”はとむぎ”とは

イネ科ジュズダマ属の穀物で、当能美地区では9月下旬~10月上旬に収穫されています。
”はとむぎ”は他の穀物のなかでも栄養価が高く、たんぱく質、脂肪、カルシウム、鉄、ビタミンB1・B2が豊富で、特にアミノ酸組成は穀物随一。古くより滋養健康食品、飲料として広く愛用されています。また、そのエキスは美容効果があることも知られており、基礎化粧品にも用いられています。

【国産】はとむぎ茶ティーパック 画像5

虫眼鏡 ※クリックすると画像が拡大されます。

寒い冬には温かいはとむぎ茶で”ホッ”としませんか?

■ハトムギの由来

はと麦は、インドや東南アジア、中国南部で古くから栽培されており、食用や薬用に用いられて来ました。
日本では、江戸時代中期には栽培されており「ヨクイニン」「トウムギ」「チョウセンムギ」と呼ばれていましたが、 明治時代になって「ハトムギ」と呼ばれるようになりました。

■ハトムギの「薬効・効能」

米、ムギ・粟・きび・ひえなどの穀物などに比べ、たんぱく質が多く含まれ、アミノ酸もバランスよく含まれ新陳代謝を増進させる効果があり、 ビタミンB2は玄米より多く含んでいます。
そのほかにビタミンB1やカルシウム・鉄・食物繊維などを含んでおり、尿の出がよくなったり、シミ・ソバカスや肌荒れの改善にも効果があります。 また、滋養強壮の食品としても用いられており、最近では、抗がん作用も認められているとのことです。

■ハトムギを使った料理

ハトムギを精白し、お米の1~2割を混ぜて炊いて食べます。 そのほかでは、お粥にしたり、パン・うどん・お菓子などに小麦粉とまぜて利用します。 また、殻つきのまま炒ったものをお湯で煮出せば、ハトムギ茶となります。

ご利用方法 プライバシーポリシー お問合せ